英文速読

毎分300語を超える!英文速読のたった1つの方法

毎分300語を超える!英文速読のたった1つの方法

一番多い(?)悩み・・・

「英文を読むのが遅いんです・・・」という相談を結構受けます。

「試験や模試で問題を最後まで読み終わらなかった」
「本を読みきれない」

問題を最後まで解き終えられないと高得点を狙うのは難しいですし、
本を読むのに時間がかかりすぎていたら、内容も忘れちゃいますよね。

トレーニングの結果・・

ぼくは色んなトレーニングをした結果、
いまでは、1分あたり300語以上で英文を読めるようになりました。

これはネイティブくらいのスピードらしいです。

トレーニングしよう

“英文速読はトレーニングでなんとかなる”

ってことで、
僕が300wpmを超えて英語を読めるようになったトレーニングの中で
これが一番やりやすくて効果が期待できるやつを紹介します。

他のやり方もそのうち紹介しますが、今回がコスパ最強です。

注:wpm(=word per minute) 1分あたりに読める単語数のこと。aとかtheとかも1語になります。

300wpmってどれくらい

1分間に300語ってイメージわかないかもしれませんが、
以下に英文を載せますね。

なんども言います!
速読はトレーニングで上達可能です!!

時間がある方はストップウォッチを使って測りながら実際に読んで見てほしいんですけど、
めんどくせーっていう方は、とりあえずどれくらいの長さなのかイメージを持ってくれるだけでもOKです。

2020年のセンター本試験の英文です。

100 wordはこれくらい

Vending machines are so common in Japan that you can find one almost anywhere you go. Some of these machines sell train or meal tickets, and others sell snacks or drinks. They are especially useful for people who want to get something quickly and conveniently.
While vending machines are found throughout the country today, they were not originally developed in Japan. It is generally believed that the first one was constructed by a Greek mathematics teacher about 2, 200 years ago. This machine sold special water used in prayers at temples. People who wanted to purchase the water put in…

200 wordはこれくらい

Vending machines are so common in Japan that you can find one almost anywhere you go. Some of these machines sell train or meal tickets, and others sell snacks or drinks. They are especially useful for people who want to get something quickly and conveniently.
While vending machines are found throughout the country today, they were not originally developed in Japan. It is generally believed that the first one was constructed by a Greek mathematics teacher about 2, 200 years ago. This machine sold special water used in prayers at temples. People who wanted to purchase the water put in a coin, which hit a metal lever attached to a string. Then, the weight of the coin let a specific amount of water pour out until the coin fell off. This ensured that people received an equal portion of the special water.
About 1,000 years ago, a vending machine that sold pencils was developed in China. Later, in the 1700s, coin-operated tobacco boxes appeared in English bars. When people wanted the product sold by one of these boxes, they inserted a coin and turned a lever. The product then dropped down for the customer to pick up. However, it …

300 wordになるとこれくらい

Vending machines are so common in Japan that you can find one almost anywhere you go. Some of these machines sell train or meal tickets, and others sell snacks or drinks. They are especially useful for people who want to get something quickly and conveniently.
While vending machines are found throughout the country today, they were not originally developed in Japan. It is generally believed that the first one was constructed by a Greek mathematics teacher about 2, 200 years ago. This machine sold special water used in prayers at temples. People who wanted to purchase the water put in a coin, which hit a metal lever attached to a string. Then, the weight of the coin let a specific amount of water pour out until the coin fell off. This ensured that people received an equal portion of the special water.
About 1,000 years ago, a vending machine that sold pencils was developed in China. Later, in the 1700s, coin-operated tobacco boxes appeared in English bars. When people wanted the product sold by one of these boxes, they inserted a coin and turned a lever. The product then dropped down for the customer to pick up. However, it was not until the 1880s that vending machines spread around the world. In 1883, an English inventor created one that sold postcards and paper. This became popular, and soon vending machines selling paper, stamps, and other goods appeared in many countries. In 1904, vending machines came into service in Japan. In 1926, technology had advanced and machines could be set to sell products with different prices. After that, a wider variety of products were sold.
When this happened, the vending machine industry expanded rapidly. The greatest problem faced by the global vending machine industry in its expansion was not the…

効果を期待しましょう

いかがだったでしょうか?

皆さん目標はそれぞれだと思いますが、
とくにこれまでトレーニングをしたことがない方は効果が出やすいので、
がんばってはじめてみましょう。

結論、これをやろう!

結論からいうと、
この本でトレーニングしました。

いろんな訓練法が載っているので、
ガッツリとガチモードで取り組みたい方はぜひ購入して取り組んで欲しいです。
それくらいオススメです。

ただ、そこまでガチモードでやらなくても、
今回はこれだけでも効果があるってやつを紹介します。

今回はこれだけやってみよう

それは、
3・2・1法

って呼ばれている(誰にやねん!)トレーニングです。

はい、簡単にいうと

だんだんと時間を短くしていく方法です。

同じ英文を繰り返し繰り返し、何度も何度も練習します。

まず、準備
同じ英文の同じところから3分読む
3回繰り返す→読めたところにチェックする(☆マークとかスラッシュとか)
注:
1.理解できるスピードで読みます
2.毎回最高記録が出るように意識します

ここからがトレーニング
同じところからチェックしたところまでを、2分で読む
注:
1.理解は多少落ちても構わない。
  スピードを上げて英語を目に入れる強制トレーニングだと言い聞かせてください
2.2分でチェックのところまで読めるまで繰り返します。
  タイムオーバーしたらもう一回!もちろん小休憩を入れつつでOK
3.毎回イメージを持とう←これホント大事
  速く読むイメージを頭に刻み込む&実践の繰り返しです。

さらにトレーニング
同じところからチェックしたところまでを、1分で読む
注:
1.理解はたぶんできません。
  トレーニングだと割り切る。
2.1分でチェックのところまで読めるまで繰り返します。
  タイムオーバーしたらもう一回!もちろん小休憩を入れつつでOK
3.何度も言うけど、イメトレしてね!

どれくらいかかる!?
3分×3回=9分なので、まぁ10分くらい?
2分×できるまで。3回くらいは必要かな。なので6分
1分×できるまで。これも3回くらい必要。で、3分

合計19分だから、20分ちょっとくらいで1セット終わるはずです。

メリット

1.簡単にできる

2.効果がわかりやすい

3.どんな教材でもできる

4.アレンジしやすい

デメリット

1.かなり疲れる

2.続けないと効果が戻ってしまう
これまでの読み方のクセがちゃんと治るまでは時間がかかります。

3.ゆっくり読んでも分からないものは読めるようにならない

もっと簡単にできないの?

20分でも長いという方は、簡易版でやってみましょう。

僕はいまは簡易版がメインですけど、効果は維持できています。

3分、2分、1分、それぞれ1回のみ
なので合計6分です。

6分ですが、本気で集中します。
1回でちゃんとチェックポイントまで到達するようにイメージして決意してから始めます。

特に集中力が大切なので、ダラダラやるよりも効果は高いと思っています。

もっといろんな練習法を知りたい方はこの本を使って見てください。
前編英語ですけど、それを読むのも勉強だと思ってがんばりましょう。

-英文速読

Copyright© LIFE INTEGRATION , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.